つちかわれた伝統と地場産業を明日へ伝える総合産業会館 プライバシーポリシー一般財団法人小千谷市産業開発センター
サンプラザ予約状況の確認は〔電話〕0258-83-4800 info@ojiyasunplaza.jp
小千谷市総合産業会館サンプラザ 小千谷市錦鯉の里 オンラインショッピング アクセスマップ 小千谷観光 リンク集
一般財団法人小千谷市産業開発センター 小千谷市の観光・産業の拠点施設
ごあいさつ 財団構成 会計報告 その他管理施設
小千谷市総合産業会館
 サンプラザ

〒947-0028
 新潟県小千谷市城内
 1丁目8番25号
電話 0258-83-4800
info@ojiyasunplaza.jp
小千谷市の観光・産業の拠点施設として自治省及び通産省関連事業として「小千谷市産業開発センター」と「小千谷市伝統産業会館」が合築され総称「小千谷市総合産業会館サンプラザ」の名称でオープンいたしました。
●会館時間
 AM9:00〜PM6:00
※冬期はPM5:00まで、但しホールの使用は
AM9:00〜PM10:00
●休館日
12月29日〜1月3日
※但し織之座・匠之座は毎週水曜定休日
小千谷市 錦鯉の里

〒947-0028 
 新潟県小千谷市城内
 1丁目8番22号
電話 0258-83-2233
nishikigoi@ojiyasunplaza.jp
小千谷市錦鯉の里は、錦鯉の原産地らしく錦鯉に関する資料を展示した施設です。
●開館時間
 AM9:00〜PM6:00
●冬期はPM5:00まで
小千谷市民学習センター
 楽集館

〒947-0047 
 新潟県小千谷市上ノ山
 4丁目4番2号
電話 0258-82-8282
gakusyu@ojiyasunplaza.jp
文化の振興・生涯学習の拠点として小千谷市民の皆さまにご利用いただく施設です。
●開館時間
 AM9:00〜PM9:00
●毎週水曜日は休館日
  


皆様へ一言ご挨拶申し上げます
一般財団法人 小千谷市産業開発センター
理事長
大宮  武一

 街を東西に分け、中央をゆったり流れる大河信濃川。
先人たちは雪国小千谷の清冽な地で独創性豊かな産業を育んできました。魚沼産コシヒカリを代表とする農業をはじめ、織物・米菓・酒造・鉄鋼精密機械のほか、近年ではITなど先端産業の企業誘致により産業集積が急速に進みました。
また観賞魚の王者錦鯉の生産や歴史と伝統を誇る闘牛、そして誰もが絶賛の ”へぎそば” など産業・観光とも郷土色豊かな逸品は絶対にお勧めです。
小千谷の観光インフォメーションとして是非、当館へのお越しをお待ち申し上げております。

昭和58年7月・小千谷市の観光・産業の拠点施設として自治省及び通産省関連事業として「小千谷市産業開発センター」と「小千谷市伝統産業会館」が合築され総称「小千谷市総合産業会館サンプラザ」の名称でオープンいたしました。
「小千谷市産業開発センター」は第3セクターの財団法人小千谷市産業開発センターが、「小千谷市伝統産業会館」は小千谷織物同業協同組合がそれぞれ管理運営を行っております。
3階大ホールをはじめとする貸し館業務及び、産業・観光の展示や団体観光客の食事も承っております。2階物産館では日本一魚沼産コシヒカリや淡麗辛口の地酒をはじめ、米菓・おぢやへぎそばなど味自慢の品。そして織物展示館では重要無形文化財指定の小千谷紬・小千谷縮で作られた逸品が多く展示販売されております。隣接の「錦鯉の里」では原産地としての品質を誇る泳ぐ宝石錦鯉が皆様を迎えてくれます。



また平成19年3月31日をもちまして、コンピュータ・カレッジ 信濃川テクノ・アカデミーは閉校し、運営母体の職業訓練法人新潟情報処理開発財団は解散しま した。閉校に伴い、信濃川テクノ・アカデミーの業務の一部(職業訓練、能力開発等)及びその卒業生に対する各種証明書発行事務は、財団法人小千谷市産業開発センターが引き継ぎました。
平成20年8月からは小千谷市指定管理者として小千谷市民学習センター「楽集館」の管理運営に携わっております。





【お問合せ】
小千谷市総合産業会館サンプラザ 小千谷市錦鯉の里 小千谷織物同業協同組合
〒947-0028新潟県小千谷市城内1丁目8番25号
【電話】0258-83-4800
【FAX】0258-82-1330
【E-mail】info@ojiyasunplaza.jp
〒947-0028新潟県小千谷市城内1丁目8番22号
【電話/FAX】 0258-83-2233
【E-mail】nishikigoi@ojiyasunplaza.jp
【電話】0258-83-2329
【FAX】0258-83-2328
【URL】http://www.ojiya.or.jp